パッキンは数年に一度の交換をしましょう

パッキンは劣化します

水道の配管などは、一本の長いパイプで出来ているわけではなく、何本家の短い管をつなげてできているものです、繋ぎ目の部分には、ゴムや樹脂製のパッキンが挟み込ま出て、水が配管の外へ漏れ出ないように密封しています。
このパッキンは、ステンレスなどで出来た配管と異なり、徐々に劣化していきます。劣化したパッキンは弾力が無くなったり、縮んでしまうことにより密閉することができなくなり、水漏れの原因になることがあります。

交換にも技術が必要です

水道管のパッキンは、ホームセンター等でも販売されていますから、交換しようと思えば交換できるものです。
とはいえ、もし水漏れをしている箇所が把握できていなかったり、あるいは水漏れの原因がパッキンではない場合、もしくはパッキンの種類が違う場合は交換しても効果が無いこともあります。また、水道の蛇口の水漏れについては、パッキンの交換を行うにしても蛇口の構造を理解していないと、蛇口が破損したり、通水した時に別の場所から水漏れを起こす原因になってしまうのです。

パッキンではない場合も

場所によっては、パッキンではなく、シールテープなどで配管の水密がされている場合があります。使い慣れていないと使い方もわからないものですよね?また、フレキシブルホースやゴムホースなどで配管が作られている場合は、パッキンではなくホース自体が水漏れの原因になっている可能性もあるので、そのあたりは専門の業者の方を呼んで調査してもらうのがお勧めです。