万が一水が止まらなくなったら

力の入れすぎに注意
蛇口から水がポタポタと漏れていたので、止めようと思って蛇口を思いっきり閉めてみたら外れて水が吹き出してしまった、なんてことに遭遇した時、みなさんならどう対処しますか?水はどんどん漏れ続け、辺り一面水浸しになった時、みなさんはどうしますか?すぐに対処法を思いつかない方の方が多いのではないでしょうか?
蛇口からの水漏れは、基本的に蛇口を閉めても治らないことが多いので、強く締めても壊れてしまう原因になるため止めておきましょう。

止水栓の事を知っておくと良いでしょう
さて、万が一蛇口が壊れて水が出っぱなしになってしまった時は、どうすればよいのでしょう。放置しておくわけには行きません。
実はこんな時のために、蛇口と水道メーターの間には止水栓という弁が取り付けられています。止水栓には二種類あり、水道メーターのすぐ近くにあるものと、キッチンシンクの下などにあるものがあります。
これらは水道設備の工事などのために使うことが多いですが、漏水の万が一のストッパーとしても役立ちます。

止水栓を留めてから業者へ連絡
止水栓で水を止めてから落ち着いて業者に連絡しても十分に間に合います。どうしてもパニックになりがちな水道トラブルですが、慌てずに対処すれば被害は最小限にできます。一番危ないのは、パニックのままわけの分からない行動をすることです。
水を止めてしまえば、業者もゆっくり選べますから、悪徳業者に引っかかる恐れも少なく出来ます。