使っていない水道はトラブルを起こしやすい

使わないからこそトラブルが起きる
水のトラブルといえば、トイレやキッチン、お風呂場など、普段良く使う水回りで起きることが多いです。トイレやキッチンの排水口の詰まり、水道の蛇口の破損や不調など、色々な水のトラブルが考えられます。
では、普段使わない水道はトラブルを起こさないのかといえば、実は使わないからこそ、水のトラブルが起きてしまうことがあるということを知っておく必要があります。

長期間使わないと何が起きる
長期間使わない水道設備、例えば長期休暇の後の学校の水道などが代表的ですが、ご自宅でも、お庭の水撒きなどに使う散水栓などは頻繁に使うものではなく、場合によっては設置してから全く使ったことがないというものもあるかもしれません。実は水道、特に蛇口の中にはゴムなどで出来たパッキンが嵌めこまれており、これは年月とともに徐々に劣化してひび割れたり、ちぎれてしまうことがあります。特に外にある散水栓などは、温度変化などにも晒されますので室内のものよりも劣化のスピードが早いことが考えられます。普段から使っていると少しの異常にも気づくのですが、使っていないものについてはいつの間に状況が悪化してしまうということも十分ありえます。

定期的にチェックをしましょう
使わない水道設備とはいえ、もし水漏れが発生するれば水漏れ修理が必要になります。パッキンを交換したり、動きの悪い蛇口をまるごと交換したりすることも必要になりますし、万が一水漏れに気づかずに放置しておくといつの間にか水道料金が高くなっているということも考えられますので、使わない設備でも時折チェックするようにして、早め早めに水のトラブルを解決していくことを心掛けましょう。