水の2大トラブル

水のトラブルその1(水漏れ)
水のトラブルにもいくつかありますが、その一つである「水漏れ」。水道管というのは、必ずしも見えるところばかりに配管されているものではないので、なかなか水漏れしていることに気が付かない場合があります。水道代が前回より高くなったことで初めて水漏れに気付くケースもあるようです。水漏れが怖いのは、留守中に知らずに水漏れによって被害を出してしまうことです。帰宅したら床が水浸し、あるいは階下の部屋に水を漏らしてしまった、ということも実際のトラブルとしてあります。水漏れは急には起こりづらいことであるので、普段はあまり見ないところも定期的にチェックして、早めに異変に気付くことが大切です。

水のトラブルその2(水詰まり)
次にトラブルが多いのは「水詰まり」です。キッチンやお風呂・洗面所、トイレなどの汚物を流す場所で起こりやすい事象です。皆さんも一度は経験があるかもしれませんね。キッチンでは特に油分を含む汚水を流すため、配管内に油分が付着・堆積して、配管の断面積が狭くなって詰まり易くなります。お風呂・洗面所では、お湯でも溶けにくい髪の毛が配管内に堆積するのが原因です。トイレでは水に溶けにくいティッシュペーパーを使ったり、異物を流してしまうことで詰まり易くなります。

水のトラブルが起きてしまったら
水漏れも水詰まりも、どちらも生活に支障があるトラブルです。水のトラブル起きてしまったら、すぐに専門の業者に連絡をとって対応してもらいましょう。