水回り設備の耐用年数に注意しましょう

設備にも寿命あり
住宅の耐用年数というのは一般に30~50年と言われています。定期的にメンテナンスをし上手に使っていれば、この数字はもっと伸びるかもしれません。住宅がこれだけ長いので、家の内装や設備も同じくらい保つものと考えてしまいがちですが、設備については「耐用年数15年」というのが一般的な数値です。つまり住宅の一生の中では最低1回以上は更新の必要があるということになります。設備にも寿命があるということを是非覚えておきましょう。

水のトラブル
さて、住宅の設備で最も重要な位置にあるのが「水回り設備」です。水回り設備である台所、洗面所、トイレ、お風呂などは、毎日利用しますので、使用頻度は大変多いと言えます。この水回り設備の寿命で最も起こりやすいトラブルの一つが「水漏れ」です。経年劣化によって、接続部分の部品が損傷しそこから水が漏れてしまうケース、給水管や排水管にヒビや穴が開いてしまいそこから水が漏れてしまうケースなどが考えられます。水のトラブルで怖いのが、発見が遅れてしまうことが多いということです。大量に吹き出していればすぐに気付くことが出来ますが、ポタポタという水漏れは注意していないと見逃してしまいますし、配管は仕上げ材によって隠蔽されていることがほとんどですので、滲みが出るまで気付きもしない場合が大半です。特に、賃貸住宅などで階下に他の住人が住んでいる場合は、水漏れによって賠償責任や関係悪化などのトラブルに成りかねませんので、日頃から注意が必要です。

メンテナンスと早期発見
耐用年数はあくまで目安ですが、耐用年数を超えたら設備の更新を、耐用年数が来るまでは定期的なメンテナンスをするようにしましょう。メンテナンスによって設備の不具合もわかりますので、水漏れ、水詰まりなどのトラブルが起きる前に早期発見することが出来るはずです。