水漏れは早めに修理

濡れるはずのないところが濡れているときは要注意
台所のシンクの蛇口などをひねったとき、水が直接かかるはずがない場所、例えば蛇口の根元などが濡れているときは要注意です。
なぜなら、本来その部分はわざと水をかけたりしない限り水に濡れることがない場所であることが多いです。
蛇口は、水の通り道をコマとかスピンドルと呼ばれる部品でふさぐことで水量コントロールをしていますが、これらが傷んでくると、水を止めているときに水が漏れだしたり、本来密閉されているはずの水の通り道以外の部分に水が出ているということです。

パッキンは劣化する
そもそも、蛇口をはじめとする水道設備によく使われているゴムのパッキンは時間とともに劣化するということを考えておかなければなりません。パッキンは通常、はめ込まれる配管などより少し大きめですから、常にすりあわされるようになっていますので、使えば使うほどすり減っていきます。やがてある程度すり減ると、密閉ができていない部分から水が漏れだすという仕組みです。

一滴一滴は小さくても…
でも、たかが一滴に敵程度漏れたって問題ないと思われているかもしれませんが、実際はもっと大きな影響が出ている場合があります。水漏れは長期にわたって少しずつ続いていくので、やがて水道料金にも影響を与えていくほどの量にならないとも限らないからです。
今後のことを考えて、ちょっとの水漏れで済んでいるうちに対処されることをお勧めします。