水漏れトラブル

あなたは今住んでる自宅で水漏れを経験したことはありますか?
主に水漏れが起きる場所はキッチンやトイレ、お風呂など水回りの環境です。
なぜこのようなことが起きるのか。

・トイレ トイレの水漏れはほとんどが経年劣化による不具合が原因と言われています。タンクと便器、便器とウォシュレットなどそれぞれのジョイント部分に使われるパッキンが古くなってヒビが割れる、固定していたナットやねじが緩んだりします。
しっかりくっついていなければならない箇所ほど、時間と共に劣化し、わずかな亀裂から水が漏れだします。
原因はトイレットタンクが機能しない、給水・排水パイプなどの結合部分に問題、ウォシュレットに問題、便器まわりの損傷などがあります。

・キッチン キッチンで起こる水漏れの原因は大きく分けて2つです。1つ目は老朽化、2つ目破損です。
水漏れが起こりやすい場所は大体決まっています。その一つが蛇口です。蛇口は細かいパーツで構成されており、メンテナンスを怠ると破損しやすいです。
ちょっとした劣化や破損であっても、放置すれば大きなトラブルに繋がります。

・お風呂 お風呂での考えられる水漏れは蛇口や給湯器、浴室洗い場の水漏れです。
お風呂の蛇口の水漏れの原因は水栓全体のカートリッジの老朽化です。蛇口の付け根の水漏れは蛇口の取り付け部分のゆるみが原因となっています。

給湯器の水漏れは浴槽のヒビ割れ、浴槽の排水口劣化や配管接続部の劣化そして水抜き栓からの水漏れが原因です。
浴槽のヒビ割れは劣化によって衝撃に弱くなることで発生、浴槽の排水口劣化はゴム栓やパッキンの劣化が原因、配管接続部の劣化はパッキンの劣化によるものです。
水抜き栓からの水漏れは給湯器内のトラブルによって、過圧防止安全装置が働いて起こっている可能性があると考えられます。
洗い場の水漏れはタイルとタイルの隙間のヒビ割れが原因です。タイルとタイルの隙間にはシリコン系のシーリング材でコーティングされており、その部分が劣化することで水漏れになります。

このように水漏れの原因は場所によってさまざまです。ですが共通しているのは劣化です。
水漏れトラブルを防ぐには、メンテナンスが必要です。水漏れでお困りの方は業者の方に依頼し、メンテナンスをし、水漏れ被害が大きくなる前に水漏れの修理をしましょう。