水道修理は難しいものです

止水栓の場所がわからないと大変なことに

もし、皆さんのご自宅のキッチンで、蛇口が突然水漏れを起こしたらどうしますか?ちょっとなら、そのままにしておくとか、バケツで受けておくという選択肢もあるかもしれません。しかし、蛇口から激しく水道水漏れを起こしている場合は、放っておくことは出来ないでしょう。
その場合に応急処置を行えるのが止水栓です。止水栓は数ヶ所ある場合があり、1つは必ず備わっているのが、水道メーターの入り口に備えられたもので、ここを止めると室内への水の流入の一切が停止します。

また、各蛇口などにもそれぞれ止水栓が備わっている場合があり、これを使えば水道水漏れを起こしている蛇口だけ水を止めることが出来ます。

しかし、これだけ行っても水のトラブルを解決した訳ではありません。これはあくまで水道水漏れを応急的に止めただけで、根本的な解決には至っていないからです。

水道水漏れは徹底して解決するのが必要です。この場合、蛇口部分の水道水漏れの原因を徹底的に追求して、水道修理を行うことが必要になります。

蛇口の水漏れを例に取ると、蛇口のバルブ内に備わっているコマという部品のパッキン部が劣化している場合、蛇口を閉めても水道水漏れを止めることは出来ないので、その部品を交換する必要があります。

こうした作業の際にも、水道の止水栓を知っていると、作業に来た方にスムーズに水道修理を始めてもらうことができるので、一度水道止水栓を見てみると良いかもしれません。