空き家でも水のトラブルが発生します

【水を使わなければ安心?】
水のトラブルは、水が使用される場所に発生します。それでは、誰も住んでおらず、水も使用されない空き家なら問題無いのでしょうか。実は、空き家でも水のトラブルは発生しているのです。
水が使用されない事によって、そこは乾燥した状態になります。そうしますと、パッキンが過度な乾燥によって劣化し、割れてしまう事があるのです。そうなれば、水漏れは避けられません。また、ゴミが排水口や雨樋で詰まる事による水漏れ、配管の錆の発生、封水の減少による悪臭や害虫の発生など、水のトラブルは空き巣でも発生しているのです。

【解決が遅れれば】
水のトラブルが放置されていれば、様々な弊害をもたらすことになってしまいます。特に水漏れは申告で、大量のカビや腐朽菌を発生させ、シロアリを呼び寄せる原因にもなってしまいます。そうなれば水道代がかさむ程度では済まず、空き家の価値を大きく低下させることになってしまいます。また、あまりにも景観を害したり、倒壊の危険のある空き家は「特定空き家」に指定されてしまう事があります。そうなれば固定資産税の優遇措置を受けることもできない上に、最終的には行政によって強制的に解体されてしまうこともあるのです。

【早めの水漏れ修理を】
空き家はただでさえ人の目が届きにくい場所ですので、水漏れが発生していても気がつかないという事があります。しかし水漏れ修理のプロならば、手遅れになりつつある空き家の水漏れも対処してくれるかもしれません。諦めずに、空き家の水漏れもすぐに修理をご依頼ください。